専業主婦でも借りれるキャッシングとは

キャッシングでは年収の1/3を上限に融資額が決まる総量規制が行われているため、収入の低い人は借り入れできる金額に制限が課せられます。
収入が多ければそれだけ多くの融資が受けられますが、正社員などの月給制の人ばかりではなく、アルバイトやパートの収入でも審査を受けることが可能です。
審査に通るかどうかはその時の状況にもよりますが、収入が低ければ限度額も低くなるのです。
収入が絶対条件となりますので、無職では利用することができないのです。

では主婦の場合にはどのような状況になるかといえば、やはり収入によって利用できるかどうかが決まります。
無職で全く収入が無い専業主婦は銀行運営のカードローンのみ申し込みが可能です。
総量規制は貸金業者にかかわる法律で、貸金業者は主に消費者金融のことを指します。
専業主婦は消費者金では借りられませんが、銀行運営のカードローンでなら借りられるということです。

消費者金融にも申し込みすることはできますが、審査には絶対に通りません。
審査に落ちた結果が残ってしまうので申し込みは避けてください。
申し込み時には専業主婦個人の情報を記載すればいいのですが、配偶者の収入で審査を受けることになります。
配偶者に安定した収入があるということが条件になります。
配偶者の給与から返済することになりますので、当然といえば当然ですね。
借りられる金額は30万円~50万円が上限としていると銀行側で決められています。

必ず30万円借りられるというわけではなく、審査の結果20万円まで、10万円までという方もいます。
申し込みはインターネットで24時間年中無休でできるので、銀行まで行かなくても来店不要です。
スマホからでも申し込めます。
締め切り時間から逆算して午前中に申し込めば即日融資も可能です。
申し込みも家族にバレ内容に配慮されています。
専業主婦でも借りられるキャッシング会社は銀行カードローンだけということを知っておいてくださいね。