キャッシングで融資を受けるときの流れ

キャッシングで融資を受けるときの流れとして、まずクレジットカードなどで融資を受ける場合と消費者金融などで融資を受ける場合の2つがあります。まずクレジットカードの場合は、カードを発行する際に、申込みの段階で、キャッシング利用の希望額を聞く項目があり、カードを作る本人が選択して希望額を決めます。もちろん審査がありますので、自分の希望額とは違う額でのキャッシングしかできない可能性もあります。審査が終わり、カードが発行された時点で、大体のカード会社でキャッシングが可能になり、コンビニや銀行などで融資を受けることができます。消費者金融でのキャッシングで融資を受けるときの流れは、まず店舗にて契約を行うか、無人契約機で契約を行うかに分かれます。店舗の際は、対人でクレジットカードを作る際と同じように個人情報の登録、希望額の相談などを行い、無人契約機の場合は、契約機の前に座ると、電話やインターネット通信などを利用して、オペレーターとの応対で契約を行っていきます。カード発行後は、同じようにコンビニや銀行などでキャッシングが可能です。一つクレジットカード会社と消費者金融の契約とで違う点は、電話で仕事場への在籍確認の有無です。クレジットカード会社の場合、在籍確認の有無を行う所と行わない所があります。これはクレジットカード会社によって違うので何とも言えません。消費者金融の場合、ほぼ電話での在籍確認を必ず行います。勿論会社名では行わないので問題ないのですが、気にする方もおられるでしょう。以上が大体のキャッシングで融資を受けるときの流れです。